ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 花影
CATEGORY ≫ 花影
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

降る雨に侘びしさ募る秋深し

2013_1108_112037-PT340010.jpg
 お野菜も高ければお花も高いです。
余りよいお花では有りませんがお稽古が出来るだけ
良しとしなければ・・・

 朝から冷たい雨が降っております。
急に寒くなってきましたので嫁いだ孫が気になり電話を掛けますと
独りは寒いのが良く分かったと言われ慰められたのかおのっろけなのヵ?

 帰ってくる人がいて羨ましいおばぁちゃんでした。
スポンサーサイト

冬日和娘と母とランチ行く

2008_0106_122635-GRL_0017.jpg
 昨日の外来で思いも寄らないことが置きました。

 毎年寒くなると履いている靴が・・・何年か前に娘がクリスマスに贈ってくれた
軽くて暖かいブーツで履き心地が良く寒くなると愛用しておりました。

 まさか靴の底が剥がれ落ちるとは思ってもおりませんでした~^^;
後ろを歩いていた娘が気が付き私を椅子に座らせると大急ぎで院内の
介護用品屋さんで介護用の靴を買ってきてくれました。

 外来の日は何時も一緒に付いてきてくれますので感謝しておりますが
独りで来ていたら身動きが出来なかったろうと思うとゾットしました。

 感謝の気持ちを込めてささやかなランチを楽しんできた冬日和の一時でした。

帯ときて普段の顔に風すずし

2013_0629_215433-P6290002_201607261723030c3.jpg
*夏足袋を脱ぎて足先柔らかく

*帯ときて主婦の顔なる夕焼けて

*久々の役者の顔や花氷

*肌脱ぎの背に笑いける般若顔

*縁台や将棋指す人懐かしみ

山みどり残りし叔母は旅立てり

TS328904_20160607100226e06.jpg
母の一番下の妹である叔母が旅立って逝きました。

93歳でした。

兄姉が皆旅立ち独り取り残され寂しい晩年を送っておりました。

葬儀に集まった姪や甥達も皆60代~80代と後期高齢者が多く
明治どころか大正も遠く感じられた葬儀でした。

八人兄姉で男三人女五人でしたが、母の直ぐしたの妹は、満蒙開拓団で
渡満し、戦後引き上げて来たのですが、長寿の家系なのか112歳で旅立って
逝きました。

田舎で跡を取る従兄弟からこれが最後だから動ける内に集まろうと声が掛かり
少しノンビリして参りました。

涙のない暖かいお見送りが出来た良い葬儀でした。

45人いる従兄弟も一人二人と欠け始めお互いに迷惑を掛けないで逝きたいと
口々に思いを込めた別れでした。

花冷えに独り芋焼くうらかなし

2010_0316_120531-PAP_0103.jpg
*餅草の丘にぽっんとホーム建つ

散歩コースにある老人ホームです。

花冷えの日曜日は駐車場がガランとしています。

此処を通るたびに悲しい気持ちにさせられる私です。

家から歩いて5分の所にあります。

長閑な里山に次々と建ち始まった老人ホームですが、
同じ教会の方が入居をしていることを週報で知りお訪ねしたく
連絡を取りましたが、「個人のプライバシー」が尊重され伺うことが
出来ませんでした。

歳を取ると言うことはこの様に悲しいことなのでしょうか・・・

* 門の鍵閉ざされ訪えぬ一輪草・・・主と共にすごされますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。