ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ごあいさつ
CATEGORY ≫ ごあいさつ
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

元気にしております

2007_0924_143513-TS327420.jpg
次々とやって来る台風と暑い夏から急に寒さを感じる晩秋へと
忙しい季節の変化に追いかけられ忙しくしております。

独り女ですので、何もかも全てを片付けなければならず、猫の手を
借りたい状態です。

お稽古毎も二学期が始まり、参加しておりますサークルも秋の各行事が
盛り沢山で右往左往しており、身体が二つ欲しい忙しさです。

お陰様で体調は、もとに戻り元気になりました。

ボツボツと穴埋め作業をして行きたいと思っておりますので
今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

ご無沙汰しておりました

2012_0105_150903-P1050055.jpg
思いも寄らない寒い年末となり、昨年の二の舞を踏まぬように娘が
年末年始休暇に這入るのを待って呼び寄せてくれ彼方でお正月を賑やかに
過ごし昨日家に帰って参りました。

留守にしていた家の寒いこと、と、寒波襲来のダブルパンチで昨晩は
独り暮らしの侘びしさが切なく中々寝付けませんでした。

年明けと共に「後期高齢者」の仲間入りとなり、娘家族が祝ってくれた
お膳も複雑な心境でしたが、健康で前向きに「光輝高齢者」として残りの
人生を歩み出そうと想っておりますので・・・

今後ともよろしくお願いいたします。

*色々な制作やら掃除に追われ長いことブログを書けませんでしたが
少しづつ埋めて参りますので・・・

今年もどうぞよろしくお願いいたします

2012_0105_143852-P1050043.jpg
恒例の紅白を見て眠い目を若水で清め、ダイニングに顔を出せば
一足早く娘が手際よくお節の用意を済ませ家族が集まるのを待って
いました。

「何も作らなくても云い」と言いながらも一通りの物が無いと
始まらないのがお正月のお膳です。

テーブルが狭く感じるほどのご馳走が並び家族が健康で揃って
新しい年を迎えることが出来た良いお正月でした。

お祝いのお膳が片づいてホッとするのと同時にグラッと大きく揺れて
一瞬、緊張が走りました。

どうか、平穏な年で有りますように祈るばかりです。

2012_0105_143628-P1050035.jpg
娘に貰ったお年玉。

やっとパソが開けました(*_*;

てまり・・・

まさか入院になるとは、思わずに出かけた病院でしたのに・・・
9月29日から10月9日迄の11日間、お部屋に在るトイレすら
自由に行くことも許されずの「安静度4」の生活で、病院に行く時は
元気に歩いて行った人が、退院する時は玄関まで車椅子の有様で情け
ない状態にすっかり自信を失って終ったのが、回復が遅れた原因かも
知れません。

娘の家族が皆なして暖かく見守って呉れたお陰で今こうしてパソを
開けるようになりました。

ステロイドの副作用で足腰の力が抜けてまるで軟体動物のようでした。

病気に成ってみますと看護の難しさが良く見えて来ます。
大きな孫の行き届いた優しい看護に何度涙を流したことか・・・

日にちが経つに連れて焦る気持ちと自由に為らない身体を持て余して
娘を苛々させた事も有り、自分自身が嫌になり、生きることの厳しさを
覚え、此れからの老後を如何に生きるべきか真剣に悩んだ日々でした。




今年も宜しくお願い致します

2011・お正月の花

カウントダウンのTV中継を見て、誰からともなく「明けましておめでとう
今年も宜しく」と挨拶を交わし、若水で美味しいお茶を頂いて床に付き。

末の孫は、昨夜の「カウントダウン」会場からホテルに帰り初メールが。

皆んな揃ってお膳を囲んだのは、お昼近くでこちらの家も両親がいなくなって
お正月風景が変わって来たようです。

元気に初春を迎える事が出来てホッとしております。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

*紅白の最後に「桑田君」の元気な姿と歌を聞いて涙した私でした。

「夜明けまで 歌う湘南ボーイいて 新しき朝迎えたる春」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。