FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2005年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年03月
ARCHIVE ≫ 2005年03月

あるサイトから・・懐かしい人・・らおヤさん??

私の記憶のなかのおじちゃんは、何時もきせるで
美味しそうにたばこを吸っていた。実に手つきが
良かったのが今は妙に懐かしい!!

昔は「刻みたばこ」「ゴールデンバット」が安かった
のだろうか、腰に何時もたばこ入れがぶる下がっ
ていた根付けは象牙の般若のお面を彫ったのが
着いていたのを良く覚えている。おしゃれな人だった。

一服するときに実に手際よくたばこをキセルに詰めるのを見ているのが
好きだった、早く大人になって一度遣ってみたいと子供心にも思ったこと
がある。次の火種は手の平にポンと落として転がしてその間にキセルに
たばこを詰める手際よさには、憬れさえ感じていた。

らおヤサンは、実にタイミング良く回ってきてくれる伯父は普段は自分で
「雁首」を焼いて脂を出してこよりで掃除をしていたが、時々らおヤサンの
お世話になっていた。

リヤカーに綺麗な屋根が着いていて、小さな引き出しには「色とりどりの竿」
や「高そうな雁首」や「吸い口」そして私が一番欲しかったのは細く綺麗に
縒ってあった「こより」此は綺麗だった。竹の筒に沢山ささていた。

ぴーぴーと煙突から煙を出してやって来るらおヤさんは遊ぶ玩具の無かった
子供達が、一番のお客様だった.おじいちゃんやお婆ちゃんに頼まれて持っ
てくるから、らおヤさんのおじさんも時々飴などを呉れたりした。

キセルのお掃除を見ているのが楽しかった。火で雁首を暖めて吸い口からこよりを
入れて何度も何度も同じ事をやっている。時には、竿を外している事もあった。
焼けたりして汚い竿は新しいのに取り替えるからだ。

何人かで着いて歩いていて、迷子になって送って貰って帰って来たことがある。
夕焼けの中をおじさんが色んな話をしてくれたのが懐かしい。それは絵の様に
綺麗な吉原の花魁の話でした。意味は分からないけれどもキセルの使い方は
色気があると言いたかったのだろうと今思う。

あるサイトにお訪ねして「キセル」という言葉から思い出したお話ですが。
TBさせて頂いても良いのですが・・

「紫の煙ゆらゆら阿呆草もえる春の日三尺の板」