ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2005年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年07月
ARCHIVE ≫ 2005年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2005年07月  | 翌月 ≫

啼かないで元気でいてね



日曜日に登校することは出征兵士の見送りか、「英霊」
の帰還を迎える為でした。

この日は農家で飼っている馬が戦地に応酬されて行く
のを見送る為でした。

農家では、田んぼの仕事や畑の仕事に馬か牛を必ず
飼っていましたから。

戦争が段々激しくなってきますと、人間だけでなく、多くの馬が戦地に軍馬として
出征していたのです。(この場合供出が正しいのでしょうか?)

馬は小さい私には、大きくて怖い存在でしたがあの優しい目は好きでした。

飼い主に手綱を取られて校庭には沢山の馬がいて叔父さん達は三々五々集まって
何やら話をしているように見えましたが、みんな何処か寂しそうでした。

中には、お父さんが居ないのでしょうか、叔母さんやお兄さんに連れられた馬も居ま
した。

どの馬も綺麗にブラシを掛けられて肌がつやつやとしてとても綺麗でした。

子供心にも口をきくことの出来ない馬が可哀想だと思いました。

式が始まりますと立派な口ひげを生やした偉そうな軍人さんが、朝礼台に登って何やら話し始めたのです。

この軍人さんはT市の聯隊から来た偉い軍人さんだと男のが教えてくれました。

男の子は軍人さんに夢中で胸に下がっている飾りが凄いのが気になるらしく大きくなったら、あんな格好をして馬に乗って見たいと言っていました。

馬は何かを感じたのか一匹が啼き始めると前足を揚げて立ち上がる馬もいて私は一番前に並んでいましたから。

いつ馬に蹴飛ばされるか、何時手綱が切れて暴れ出すか気もそぞろでした。

馬を引いている農家の人達は馬を宥めるのに、一生懸命でした。

式典が済んで馬は校庭に止めてあった軍隊の大きなトラックに載せられ始めました。

農家の人と馬の別れが馬のいなな啼きと重なって可哀想な感じがしました。

トラックが校庭から出て行くときは、叔父さん達は路に出て見送っていたのが寂しそう
で可哀想でした。

私の記憶の中では後にも先にも初めての経験でしたから・・

友達の家の馬も供出したそうです家に帰りながら泣いていました。

馬小屋が綺麗に掃除されていたのは、今でも忘れられません・・馬の毛が馬小屋の
入り口に半紙に巻かれて下げて有りました・・・



軍馬についてのサイトは此方・・

手厚く祀られております。軍馬・軍鳩の碑