FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2005年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年08月
ARCHIVE ≫ 2005年08月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2005年08月  | 翌月 ≫

側にいたいから

過ぎゆく夏に思いを込めて
書き留めてみる熱き思いを
誰も振り向かなくても
思いの丈が
貴方にだけは届いて欲しい

暑い昼下がりに訪ねてきた
不思議な安らぎの中で
貴方は優しく囁いたのです
驚かなくていいから・・
このままで良いのだから

私は黙って頷いて
下を向いていたような
陽炎が立つ様な日差しの中で
そっと貴方に寄り添って
木陰を求めていたのです

やがて訪れる安らぎの日に
壊れたガラス瓶は元に戻らないけれど
確かな安らぎは貴方が
約束してくれたから
もう何処にも逃げたりはしません

このままで良いから
此処に留まって生きていきます
誰にも一言も言わないで
約束された言葉を信じて
貴方の側にいたいから

それだけのことなの・・
[ 更新日時:2005/08/17 00:07 ]
スポンサーサイト