FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2005年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2005年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年09月
ARCHIVE ≫ 2005年09月
  • 願望 (2005.09.05)
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2005年09月  | 翌月 ≫

願望

フト立ち寄った先で読んでしまったブログ。

私にもあった自殺願望が思い出されました。

母の連れ子として、新しい父に引き取られたときに
口さがない村の人達に寄って傷つけられたからです。

私さへ見れば、一口に「あの子かい、連れ子は」と言われて学校の行き帰りがとて
も辛かったのでした。

逃れる術のない現実から如何にして逃げ出すか、毎日考え続けておりました。

父は優しい人でしたが相談するほどの仲では有りませんでしたから、一人で
悶々として「死」を真剣に考えました。

そんな時に近くを流れる利根川に上流から身投げをした人が牛枠に引っかかって
見物の人が沢山来ておりました。

父が、知ってか知らずか、見に連れて行ってくれました。

上から見た姿は、とても綺麗に見えたのでした。

まるで、羽衣を着た天女のように水の中で漂っていたのでした。

帰りに父が間違っても川流れにはなるなよ、上げたら見られたものではないからなぁ~
と教へてくれました。

私は、間違っても川には飛び込んで死ぬのは止そうと思いました。

あの頃の時代は、世の中が不安定で時々自ら「死」を選ぶ人が沢山おりました。

隣村で一家が、結核に冒されて村八分状態の家族が梁から首を吊って一家心中を
したのでした。

毎日その家の前を通り学校へ行って居りましたので、夕方の遅い帰りは怖さが先に
立ちました。

矢張り雪山で美しく死にたいと思いましたが、失敗すれば体中凍傷で大変なことに
なりかねません、そんな思春期の妄想の世界を抜け出して今も生きております。

誰もが、行き着くゴールは同じですから慌てる事はありませんね・・・

たった一度の人生ですから楽しく生きたいものですね。

※牛枠とはこんな物です。

※ 村八分
[ 更新日時:2005/09/05 23:10 ]

スポンサーサイト