FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2005年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2006年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年01月
ARCHIVE ≫ 2006年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2006年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

彼が救った命です



今日は、20日正月で小豆がゆを炊いて食べる日
です^^
これでお正月の行事もだいたい終わろうとして
おります。今年のお正月は、ブログを始めた
お陰でとても楽しい良いお正月でした^^
有難う御座いましたm(_ _)m

今の所体調も良く、日々快適に過ごしていられますが、
何時この身体に変化が起こるか,薄氷を踏む思いでおります。
怖がってみても、成るようにしか成りませんから、神様任せです^^;

寒い日が、有りますと左側の背中が、鉄板が貼り付いたような痛さです(><;)
先生に、訴えたところで改善しないことは、自分で背負っていくしかないのが
難病患者の定めなのですから(涙)

私が、発病したのは不詳です(診断書によると)
医学が進歩した現在では、早くに発見されて進行が食い止められたと思いますが

主人が倒れて、私の命を救ったような状態になってしまったのです(涙)

彼の看病中に、過労で倒れて始めて私の病気が、発見されたのですから・世の中は
皮肉なものですね。こうして生きながらえていることは、彼が身を犠牲にして私をこの
世に残してくれたのだと思いますと、頑張って明るく楽しく生きていかないと申し訳な
いと思っております。

松も取れましたので、少しずつ同じ病で苦しんでいる方のために、怖がらなくても生活
出来ることを、私の、経験を通してお話ししたく思っております(*^_^*)

「有りの儘生きていこうよ無理せずにおのが命の強さを信じ」
[ 更新日時:2005/01/20 08:23 ]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。