FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2006年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2006年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年02月
ARCHIVE ≫ 2006年02月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2006年02月  | 翌月 ≫

春を・・訪ねて奥多摩紀行(2)

楓橋の袂で3世代でお出掛けの坊やと仲良しに
なってハイ!ポーズに納めさせて頂きました。

とても可愛らしい坊やちゃんでした^^
お爺ちゃんも幸せそうでしたぁ~♪

家から車で40分程で来る事が出来る所にこの様な
場所があることは幸せなことです。

もう少し上の方に行きますと「オリンピック」のカヌーの競技場が有りますので
車の上にカヌーを載せて。

橋を渡りながら、カヌーに乗って楽しんでいる方が見られます。


手前の木は桜の大木で4月頃はこの辺は
都心からのお花見のお客さんで大賑わい
とのこと。

川面にさざ波が立ってカヌーをこいでいる人が
見えると思うのですが・・・?

時間的にお日様が真上に来て良く写真が写せ
ませんでした。

春霞のように山が霞んで見えた暖かな良い日で。

橋の上を渡る風が頬を撫でて通り過ぎていくのを心地よく感じることが出来る。

水温むの季節がそこまで来ているような一日でした。

お腹がソロソロ空いて来ました。


橋の欄干に寄りかかって、何か思いに更けるのも
悪くはないかも知れません。

来る途中に「軍畑」・・・(いくさばた)と読むそうです。
珍しい地名が有りました。

甲斐の国との県境ですから昔は戦場だったのでしょうか。

中央線の立川から青梅線で「沢井」で降りると近い
ようです。

25年くらい前に来ましたときはこんなに開けてはおりませんでビックリ致しました。

お酒で有名な「澤乃井」の蔵元が直ぐ近くにありますので、梅の花の季節には
沢山の人で賑わうそうで来る途中には、梅林郷がありますから梅の時期が
楽しみです。


来る途中で映画の看板を見て参りました。

古き良き時代の映画スターを書いた懐かしい
看板が沢山ありました。

青梅の街はそれが、有名なのと昔ながらの
「きせる」屋さんや下駄やさんが鼻緒を作っ
ていたりとレトロの街では有名です。

時間が無くて写真に納められなかったのが残念でした。

又の機会には写真に納めてきたいと思っております。

ワザと逆光で写してみた吊り橋です・・・日差しが見事に這入って仕舞いまっした。



橋の上から見た川下です。

この河に沿ってお食事どころが立ち並んで
おりましてまるで観光地そのものです。

オリンピックを期に開けたようですね。

近くには「ロン・ヤス」会談で有名になった某政治家の別荘が有ります。

一番有名なのは、吉川英治記念館ではないでしょうか。

河合 玉堂美術館は一度は見て置いても良いかも知れません。

これから、楽しい食事の時間に・心は観光よりそっちらに傾いて^^;


スポンサーサイト