FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2007年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年03月
ARCHIVE ≫ 2007年03月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2007年03月  | 翌月 ≫

古民家から・・・

叔父が牛小屋から牛を引き出してくると牛に藁で編んだ草履を
履かせて 今日は山の畑に芋を堀に行くと言う。

牛の背中に木枠で出来た鞍を乗せて大八車を取り付けると目の粗い
目篭が幾つも乗せられて筵を4つに畳んだ物が敷かれ私と小さい
従姉妹はそこに腰を掛けて乗せられ山の畑えと向かった。

その頃の農道は大八車の轍で一本の道が三本の道のように別れていて
大八車の輪が上手くそこの窪みに這入らないと牛が山に登るの大変
だったようだ。

手綱を握る叔父は牛をとても大事にして轍に車輪を合わせるのが
上手った。

自分たちのお昼ご飯と牛の水飲み桶は大八車に積むのを忘れてはいなかったし。

牛は登りには強いが沢山のお芋を積んで山を下ることは大変で 何時も
手綱を握り牛と共に歩いて山を下りてきた。

薩摩芋が出回る季節になると思い出す大八車の思い出です。

スポンサーサイト