ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2007年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2007年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年06月
ARCHIVE ≫ 2007年06月
      

≪ 前月 |  2007年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

我が子って・・・(^^ゞ

この頃とても可愛らしく成ってきて手を繋いで歩いて
上げると喜んで熱い手で握り返してくる。

気持ちが素直になって自分の失われている物に気が
付き始めたようで。

実の娘が顔を出しても逃げるように帰っていって終う
事を寂しく感じているようだ。

手を繋いでいると相手の心の動きが良く分かる気持ちが不安定になると手に
力が入り強い力で握り返してくる。

看護のコツが掴めてきて此方の心が落ち着いてきたから優しい気持ちで接する
ことが出来て関係が良い方に廻り始めた。

先日のお誕生日も一緒に暮らす孫達からはフレゼントとケーキが送られたが
娘も息子も電話一つ掛かって来なかった。

介護に疲れて姑さんを殺害したお嫁さんの裁判が有って「誰も協力しないで自分が
うつ状態になり追いつめられて事件が起きたことを検事側も認めて」のニュースを
ラジオで聞いてヤッと介護の大変さを世間が認めたことは進歩だと思って聞いていた。

事件が起きてからでは時既に遅しなのだが・・・

瞬間的に正気の時は相変わらずの気の強さで頭にカチンと来ることがある。
自分を失っている時の方が可愛らしい童女のようで愛おしく思える。

此が逆で無くて良かったとつくづく思う。

此処まで来るのには長い時間が必要だったが我が子から見放され寂しいだろうと
思うと共に歩んで上げたいと思う娘と私がいる。

娘は実の母には辛辣なことを云うがお姑さんには実に優しい私が焼き餅が
焼けるときも有るくらいに。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。