FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2007年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年10月
ARCHIVE ≫ 2007年10月
      

≪ 前月 |  2007年10月  | 翌月 ≫

絡繰り屋敷・・・(2)

娘は大急ぎで病院に車を飛ばし行って見ると
ケースワーカーさんとの話になったそうです。

話しに寄れば「あれだけの病気がある患者さんを
受け入れてくれる病院は無いでしょう」と・・・

娘は内心それで退院しろとはどうゆう事なのと思った
そうですが口には出さなかったそうです。

病院サイトとしても真剣に特養ホームを探しますがその期間は差額ベットの
お部屋に移って頂きますとの一方的な話しのようでした。

これはお決まりのコースで経済制裁に此方がネオ上げるのを待つ手段のようです。

特養も可成りお金が掛かりますが宜しいでしょうかと次の手が待っていたのです。

これが現代の老人を抱えた家族の姿なのです。

日毎に痴呆が進行する母親と多臓器不全の病人をどうやって看取ればよいの
でしょうか。

気の強い娘はネットで探していることを口にしたトタンにケースワーカーさんの態度が
変わり病院サイトしても無理に追い出すわけでは無いと態度が変わったそうです。

ネット社会の今は病院はネットがとても怖い存在のようでした。
サイトのお友達が「看護記録」を見て色々と教えてくれる話しには身を引くとは
何か後ろ暗いところが有るのと思いましたが・・・

どうなって行くかしっかりと見定めたいところです。


スポンサーサイト