FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2007年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年01月
ARCHIVE ≫ 2008年01月
      

≪ 前月 |  2008年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お三が日・・・

初夢は木の芽が吹く夢を見た。

「一富士二鷹三茄子」には縁が無かったけれど
31日から同じ夢を見ているから今年は良いことが
或る矢も知れないと思って過ごすことにした。

原油高で何もかも値上げで悲鳴を上げたくなるけれど
それなりに日々を過ごすことが出来れば上出来だと
思っている。

珍しく父の夢を見た。

お三が日は決して小言を言わない人だった。

昔の人は辛抱強く上手に子育てをしていたと思う。

子供達も親が我慢しているのを知っていて怒られるような
悪戯はしなかった。

日常の自分の役目はキッチンと守ったし普段より几帳面に
言われない前に済ませていた。

元旦の朝は北東の街道に出て昇って来る初日を家族全員で
拝んで一年の無事を祈った事が懐かしく思い出された。

関東平野に麦の芽が微かに芽を出し始め赤城山が裾野を広く
桑の木が無い季節を謳歌しその勇姿は一服の絵のように美しく
大好きだった。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。