FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2008年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2008年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年02月
ARCHIVE ≫ 2008年02月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2008年02月  | 翌月 ≫

或る句会にて・・・

或る句会にて・・・
[ 09:24 ] [ 創作 ] [ スライドショウ ]

「農機具の手入れ始まる日向ぼこ」

いいですね。日本の原風景。

この句の「切れ」はとてもいいです。
上五から中七の景に対する下五の季語の斡旋が絶妙。

作者の思いを説明していないし、報告もしていない。

かといって離れすぎてもいない。「景+思い=情景」と「季語」が細い糸で結ばれている。

「切れ」の持つ「空間性」。
「暖かい空間」を十二分に見せた佳句だと思いました。

*今年初めて褒めて頂いた「句」です。

「立春」
○福の豆両の手よりこぼれ落ち

故郷の軒先にある柊の枝

信心も鰯の頭父笑う

戸障子を開きて福を招き入れ

春が明け福豆掃きてゴミ払う

○麦の芽が気持ち伸びたか風の土手

◎農機具の手入れ始まる日向ぼこ


なん句詠んで見ましても難しいモット勉強しないと・と何時も思う日々です。

[ 更新日時:2008/02/20 09:54 ]
この記事
スポンサーサイト