FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2010年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年01月
ARCHIVE ≫ 2011年01月
      

≪ 前月 |  2011年01月  | 翌月 ≫

気が付けば・・・

牡丹
何気なくカレンダーを見ると昨日は小正月だった。

子供のころは、遠い親戚の叔父や叔母が年始に来て、思いも寄らぬ
お年玉が貰え、大好きな「寒餅」が焼かれ親の小言も聞かずに自分の
時間が楽した。

夜は、「どんど焼き」で、米の粉で作った繭玉を竹の棒に指し、燃え盛る
火の粉を父の背中で除け、熱い団子をほお張り、茶碗酒でスッカリ出来上がった
父を田んぼ道に落ちない様に家まで連れてかえると、顔は火柱高く焼け落ちた
「左儀脹」で赤く火照ってはいても、上州名物の空っ風と利根川から吹き付ける
川風で身体は芯まで冷え切っている。

母が床を敷き湯たんぽを入れて温めて置いて呉れたお布団に飛び込むのが常だった。

そんな母が逝って月末は13回目の命日だ。
スポンサーサイト