FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2011年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年06月
ARCHIVE ≫ 2011年06月
      

≪ 前月 |  2011年06月  | 翌月 ≫

初夏の高尾より

DSCF0061s_20110617081930.jpg
窓の外は、梅雨の雨が降り続き、肌寒い日で気分が晴れません。
こんな日には可愛らしいお花を眺めて過ごしましょう~~

ピンクの錨草・・・「首筋の か細き乙女 初夏を告げ」
20090601103615.jpg
何方が命名したのか本当に船の錨に見えますね。

白の錨草で初夏の高尾を彩っている姿は清楚な感じがして素敵です。

「セーラーの 白さに胸が 轟く日」
20090601111400.jpg
稚児ユリです。登山の途中に気をつけて見ないと見逃してしまうお花です。

枯葉を掻き分けてカメラに収めました。

「山緑 辿り着きたる 君のもと」
20090601112138.jpg
野草の十二単です。

冬の寒さを枯葉に身を包み初夏を待って咲くお花に教えられる物が有りました。

「凌ぎたる 冬の寒さを 語る花」
20090601112219.jpg
花筏は、この辺でも気を付けて探すと見る事は出来ますが、高い山で
冬を越したお花は茎もしっかりとしており、逞しさが違います。

「船頭に 身を任せたる 花筏」

初夏の高尾を降らず照らずの日に歩いて来ました。
スポンサーサイト