FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2011年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年01月
ARCHIVE ≫ 2012年01月
      

≪ 前月 |  2012年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

想像が付かない生活

2011_0528_073804-P5280005_20120112112800.jpg
氷点下6度だと慣れたとは言え流石に寒い昨日、寒くなる前に
急いで漬けた白菜を裏返す。

手の先が感覚がなくなる程冷たく千切れそうだ。

寒さが厳しいので水の上がりが悪い。

被災地を思えば頑張らないと・と、思うのだが。

東北から出た人は、法廷で四億のお金が手許にあることは普通で
気にした事が無いそうだ。

お金の感覚が無い人が国を司って居るのでは、被災地の人は何時まで
待っても暖かい生活は望めないだろうと思う。

政治に慢心しているので4億のお金には関心が無く知らない秘書任せとは。

一円のお金を使うのにも細心の気を遣う「年金生活者」である身には、
想像しがたく、その様な世界で生きている人が羨ましい・・・

これでは、消費税を上げることくらいは、「お茶の子さいさい」だと思う。

自分は手を汚すことなく離党者が小さな組織をやたらと作り、議会政治が乱れに
乱れて、新しい年を迎えたのだが・・・何に期待して生きていけば良いのやら。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。