FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2011年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年01月
ARCHIVE ≫ 2012年01月
      

≪ 前月 |  2012年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

分かっていても侭為らず

2005_0106_112134-霜柱の花-1
早く済ませてしまわなければならないことが有るのに気持ちが
落ち着かず、仕事が手に付かないで居る。

どうにかなるさ、で済ませられた若いときの馬力が無くなってきた。

暖冬に馴らされた身には今年の寒さは殊の外身に浸みる。

小包を出しに行くのも億劫で、義理が済まないことは分かっているのだが。

お昼を食べようとした瞬間に鳴った携帯の緊急速報の音に一瞬何が起きたか
理解できずにいた。

幸いに此方では揺れも小さく、何事もなくホットしたが、平穏無事で過ごし、
「喉元過ぎれば熱さ忘れる」で携帯が鳴っていることにすら一時気が付かない
なんて・・・

寒いことを口実に歩く事もせず、怠けているので反省することばかりの日だった。

暫く怠けている散歩をしなければと思うのだが、冷たい空気を吸い喘息の発作が
起きたらと思うとそれも出来ず。

迷惑を掛けずに老いることの難しさを噛み締めている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。