ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 鬼灯と茗荷。TOP全てを表示 ≫ 鬼灯と茗荷。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

鬼灯と茗荷。

焼け野が原を遁れて終戦の次の日に母は、 空襲が無い安心から自分の兄の家に私を 預けに行った。叔父も叔母も良い人で、おばぁちゃんが、元気 で居てくれたので心強く一人で居候をして気を 使いながらも楽しい毎日を送っていました。遊ぶ玩具のない時で鬼灯の中の種を出して鳴らして遊ぶぐらいが 女の子の楽しみでしたが、勝手に採ることも出来ず、羨ましく眺めて 居たことを思い出させる今朝でした。茗荷は採りに行っても簡単に見つけられず泣いた記憶が有ります。椿の下の茗荷を自由に探りながら収穫出来る長閑な朝の一時に 平和な時代を有り難く噛み締めた朝です。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。