ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 年の瀬TOP短歌・俳句 ≫ 年の瀬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

年の瀬

寒月のまんまるにしてイヴの夜

予定立て未定で終わる年の暮れ

カーテンに毛布を着せるガラス窓

寒気団雨戸立つ音荒々し

夕食が語る年末大掃除

即席のカレーが語る数える日

褒められず怒られもせぬ寒雀

逝った人やたら恋しい年の暮れ

木枯らしに足音聞いて耳澄ます

ふと帰る気がして覚める夜寒かな

藁叩く杵音がしてあと幾つ

トタン屋根鳴らして通る空っ風

節くれた手から生まれし注連飾り

御幣切るその傍らに濁り酒

手あぶりの残り火混ぜて夜なべ終え



Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。