ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 今夜は逢えそう!!TOPつぶやき・・ ≫ 今夜は逢えそう!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今夜は逢えそう!!

TS326308.jpg

田植えが無事に済んで七夕が近づくと父が
前橋に行って折り紙を沢山買い揃えて来た。

笹は裏庭から新芽の綺麗に揃ったのが切られて
座敷の大黒柱に結び付けられると七夕飾りが始
まるのだった。

色どりも鮮やかな輪繋ぎ・何枚も重ねた千代紙を
丁寧に折り畳んで作った雲の巣など。

油煙で黒光りの床に影を落として部屋の中が明るく華やかな
梅雨の日。

7日は朝早くに芋の葉に溜まった朝露で墨を摺りそれぞれの
思いを祈願した短冊を吊し七夕の飾りは庭の杭に移されて
夕方には「うどん」を供えていた。

お裁縫や機織りが上手になりますようにと願いを籠めて・・・

次の朝早くに利根川に流しに行って綺麗に流れて呉れると願いが
叶うと言われており、出来るだけ流れの早い処まで笹を担いで流す
父の姿は頼もしく感じられた。

今は余りこの様な風習は残っていないようだが。

何故か雨が降った方が縁起が良いとされていたのは何故だろうか・・・

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。