ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 黒子としてTOP母と私と娘 ≫ 黒子として

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

黒子として

10063.jpg
眠れないまま一夜を明かし、外は雨。

ご遺体が家に帰って来たのが朝の7時半近くで、昨夜の急変した
連絡を受けて義妹と急遽駆けつけた姪子さんに連絡したりと忙しいときは
気が張っているから眠らなくも眠くない。

軽い食事をして、親子だけで居ることを確かめてお線香を上げに行く。

娘もパパも孫達も皆ボロ布のように疲れ切っているが余りのあっけなさに
気持ちが変に高揚していて寝るに寝られないようだ。

早くも葬儀屋さんが来るという。

葬儀が終わるまで黒子で通そうと心に決める。
用事が有ったら跳んでくるからと言い残して家路に付くが越してきて7年の月日が
経つて居ると小さな顔も広くなっていて家が遠かった。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。