ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 身繕いTOP母と私と娘 ≫ 身繕い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

身繕い

P3080021_20100529074533.jpg
母は、起きると台所に立つ前に口をすすぎ髪を梳かし綺麗に身繕いを
済ませている人だった。

口五月蠅いほど、躾には厳しかったお陰で、今独りでのんびり暮らしているが
人に後ろ指を指される事もなく、老いの道を歩いていられるのだが。

この母が今日のようなお朔日だけは、小言を一切言わなかった。

けじめは、きちんと守る人で、子供達も悪戯をしない日だった。

月初めに今は亡き母の在りし日が思い出される。

Comment

田舎では・・・
編集
こうめいさま
田舎では、節々の行事を持って子供に
四季の移ろいを教え躾けていたようです。

朔日、十五日は、赤のご飯を炊き、24節季は
祝い事を欠かさず。

「怠け者の節句働き」と云っておりました。

今は、この様な行事は廃れた様ですが。
2010年06月01日(Tue) 17:07
編集
ひなたぼっこ様 
 おはようございます。
 「朔日」久し振りにこの字をみました。
 ついたちですよね。
 懐かしいです。
 もう、死語になってますね。
 ひなたぼっこ様、ありがとうございます。
 素敵なお母様の思い出、
 素晴らしいですね。(笑顔) 
2010年06月01日(Tue) 05:00












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。