ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP夏模様 ≫ 戦友

戦友

420ecb86_20100714164608.jpg
お盆が来ると唱いたい歌です。   何故か娘が唱えます。

彼女に唱っていた子守歌でしたから・・・(軍歌 戦友)
一、
ここは御国を何百里
離れて遠き満州の
赤い夕日に照らされて
友は野末の石の下

二、
思えば悲し昨日まで
真っ先駈けて突進し
敵を散々懲らしたる
勇士はここに眠れるか

三、
ああ戦いの最中に
隣に居ったこの友の
俄かにはたと倒れしを
我は思わず駆け寄って

四、
軍律厳しき中なれど
これが見捨てて置かりょうか
しっかりせよと抱き起こし
仮包帯も弾の中

五、
折から起こる突貫に
友はようよう顔上げて
「お国の為だかまわずに
遅れてくれな」と目に涙

六、
後に心は残れども
残しちゃならぬこ身体(からだ)
「それじゃ行(ゆ)くよ」と別れたが
永(なが)の別れとなったのか

七、
戦いすんで日が暮れて
探しに戻る心では
どうぞ生きてて居てくれよ
ものなといえど願(ねご)うたに

八、
虚しく冷えて魂は
故郷(くに)に帰ったポケットに
時計ばかりがコチコチと
動いているも情けなや

九、
思えば去年船出して
御国が見えずなった時
玄海灘で手を握り
名を名乗ったが始めにて

十、
それから後は一本の
タバコも二人で分けてのみ
着いた手紙も見せ合(お)うて
身の上話繰り返し

十一、
肩を抱いては口癖に
どうせ命は無いものよ
死んだら骨を頼むぞと
言い交わしたる二人仲

十二、
思いもよらず我一人
不思議に命永らえて
赤い夕日の満州に
友の塚穴掘ろうとは

十三、
隈なく晴れた月今宵
心しみじみ筆とって
友の最後をこまごまと
親御へ送るこの手紙

十四、
筆の運びは拙いが
行燈(あんど)の陰で親達の
読まるる心思いやり
思わず落とす一滴(ひとしずく)


Comment

母から
編集
Hulaさん さま
叔父が満州の前線で戦っておりましたから。
何時も口ずさんでいて、自然に覚えて、気が付けば
子守歌でした。

時々軍歌が口を付いて出て来ますが、詩情豊かな
歌詞が好きです。

「皇軍の母」を聞きますと「子供手当」に腹が立ちますね。
2010年07月16日(Fri) 11:07
編集
こんにちは
私は4番くらいまでのうろ覚えでした

こんなに切々と戦友を想ってうたわれた詩だったのですね。
とても重たく響きます
静かな気持ちで繰り返し拝読いたしました。
2010年07月15日(Thu) 10:53












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL