ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPつぶやき・・ ≫ かえりたいねェ~

かえりたいねェ~

98歳
98歳にして眼も耳も身体の機能は喘息を除けば凡てが達者で
病状は回復し、転院先待ちなのだが、ご本人は家に帰りたいと
云っている。

お嫁さんが毎日見舞いには来るが、何もしない。
暖かいタオルが自由に使えるのだから、顔くらい拭いて上げればと
思うのだが、食欲は、動かないからいま一つないのにアイスクリーム
の一つも買っては来ない、ただ来るだけ、身の回りの必需品は病院のを
使っているから洗濯物はなし・・・

おばぁちゃんの話だと、18歳で8人兄弟の長男に嫁ぎ、ご主人が戦争に取られて
胸を悪くして帰って来て呉れたので、下の兄弟を皆一人前にして気が付けば
一人身で、大変な人生だったそうだ。

老いても本人は、畑が気に成り、お墓参りが気になっている。

孫の様な看護婦さんたちのマスコットで皆んながとても大事にして寝たきりに
させない為に暇を見ては、車椅子に乗せて散歩に連れ出していた。

本来なら家族がやる事を人様がやっている。

介護保険なるものが出来た弊害だと思うのは、私だけだろうか・・・

おばぁちゃんの残した資産は大きなものらしく、世が世ならご隠居様で
過ごせただろうにと思うと介護保険が惜しみなく使えるが為にお気の毒だ。

この国は何処かで狂いだしている。

私の所に娘家族が見舞いに来るとあんたは、果報者で羨ましいと云う。

私には、これと云った財産も資産も無いけれど・・・



今日は、大寒で朝早く西の空にはまん丸な寒月が冷たい空気の中で美しい姿で
昇る朝日を待っていた。

*寒の月 陣馬の山を 見下ろして


夏野菜
八月十日に収穫した。キュウリ・ミニトマトです。
小さな庭からの贈り物で一人暮らしは用が足りて大助かりのこの頃です。
2010_0810_175228-P8100018.jpg
見事に茂ったゴーヤノ棚が夏の日差しを遮って呉れるお陰で一時涼しく過ごせます。
ゴーヤ
食べきれない程の収穫となりそうで、元気に夏が乗り切れそうです。

Comment

長引くと
編集
karasuさま
この方を見ていておりますと、老人がぽくり寺参りを
真剣にしている訳がわかりました。

人間誰でも老いる事は避けて通れませんのに。
年老いて病に倒れると病院のたらい回しで本当に
お気の毒です。

ゴーヤーが獲れ過ぎて困りましたが、お陰で元気で
夏を乗り切れました^^
2011年01月21日(Fri) 10:15
編集
ひなたぼっこさん、こんばんわ。祖父もこういう感じです。とはいえ、母親は介護の仕事をしていましたので、接し方は違いますけれども・・・

ゴーヤ。立派ですね。とても、苦そうです(苦笑)。
2011年01月20日(Thu) 22:37












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL