ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPおんなの目 ≫ いい男

いい男

空海

ある時ある会合で何時もお元気な姿をお見かけする、老紳士は此の年も
お元気そうで、通り一片のご挨拶が済んで、個々のお話が弾み始めると
何気なく肩を叩かれて「元気になって良かった」と労を労って下さった。

「何時もお変わりなくお元気そうでなによりです」と云うと
手にした名刺の裏にサラサラと書いて渡して下さった。

名刺の裏には・・・

「女房が美しすぎて死に切れず」とは。。。

相変わらず良い男はやる事が違うと思った。とても女には出来ない芸当である。

別れ際に差し出された手の温もりは「来年も元気に逢えるよう頑張りなさい」と
口に出さない言葉が心に沁みて来るのだった。

ギスギスした時代、こうゆういい男がいなくなったと思う。

暫くお目にかかっていないが、お元気だろうかと思いながら書いている。


Comment

お側には
編集
karasuさま
主人の大先輩で、色々お世話になったお方で
寡黙な方です。

面白いお方で・・・粋でしょう!!

100歳に近いお歳かも・・・若い日の思い出です。
叙勲のお祝いの席での事でした。
2011年01月25日(Tue) 07:27
編集
ひなたぼっこさん、こんばんわー。こちらはとても寒いです。

>「女房が美しすぎて死に切れず」とは。。。
すごい!粋ですね。かっこいいー。

僕たちの世代では、まず言えないと思います。でも、こういう粋な男になりたいですねー。
2011年01月24日(Mon) 22:54












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL