ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPおんなの目 ≫ 何年振りだろう~~

何年振りだろう~~

IMG_0008.jpg
昨日、孫たちがお世話になった、地域の小学校に行って来ました。

降るのか降らないのか解らない空模様でしたが暖かい日で歩いて
15分ほどの距離に汗ばんだ顔にそっと肌を撫でて行く春の風を
優しく感じ、緊張している気持ちが和らぎ。

何時もの癖で「当たって砕けろ」と、校庭で授業中の先生に
裏門を開けて頂き、二階の会議室に。

「昔あそび」のお手伝いに伺ったのですが・・・
お行儀の良さと、可愛らしさに慰められていつの間にか此方が
遊んで頂いた二時間でした。

綺麗にお掃除が行き届き、昇降口は里山の学校で校庭は自然のまま
にも関わらず靴の裏の土が気に成るほど磨かれておりました。

整理整頓が行き届き、一年生とは思えない優しい心配りに教えられることが
多く、「負うた子に教えられ」て帰って来ました。

地域の子供たちと高齢者の交わりを学校が計画して下さったにも関わらず
参加する人が少ないのは何故なのでしょうか。

核家族の溝をお互いに埋めて希薄になっている家族関係を良いものに
変えてゆく良いチャンスを無駄にしないで地域と共に歩む大切さを感じて
帰途に着いたのですが。

Comment

ネット時代は・・・
編集
パソから検索すれば何でも分かる時代です。

教える側も大変でした。

今は、高齢者が自分の時間を楽しむ時代で、
他人さまの子供と関って、事故に巻き込まれる
煩わしさが嫌なようです。

人間関係は益々希薄になって行くのでしょうか。
2011年03月01日(Tue) 10:34
編集
ひなたぼっこさん、こんばんわ。僕の地域でも、おじいちゃんたちと藁をなったり、草鞋を作ったりして交流したことがあります。今ではもう無くなったかなぁ・・・?でも、そのおかげで指先が器用になった気がします。大切な経験だと思いますね。
2011年02月28日(Mon) 22:50












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL