ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP故郷 ≫ 子守の子 土手で母待つ 麦の秋

子守の子 土手で母待つ 麦の秋

2005_0704_145558-麦秋1

*地下足袋のコハゼ思案の麦の秋

*刈り終えて麦わら帽子耕耘機

*背なの子は煎餅しゃぶる麦畑 

2005_0704_145556-田植えの済んだ田んぼ


*青田風廊下の隅に汗の後

*青苗を一列にして田を上がり

関東平野は二毛作地帯で蚕産も盛んで私が育った頃はこの季節は
寝る暇もない忙しさでしたが、今は休耕田でイチゴ栽培が盛んで
観光バスが整備された田舎道を塞いでおり時代の流れを感じます。


Comment

わが故郷は
編集
karasuさま
私の田舎は6月の末か7月初めが田植えの時期です。

昔は「朝は「朝星夜は夜星」と言われ一日中田んぼの中でした。

人手が無い今は本当に大変だろうと思います。
無理をしないで下さいね。
2011年05月22日(Sun) 23:21
編集
ひなたぼっこさん、こんばんわ。もう田植えが終わりましたか。早いですねー。

こちらはようやく代掻きです。今年は遅いかとおもいましたが、GWが過ぎたら一気に熱くなりました。雪も、日陰にまだかろうじて残っているくらい。

今年は、田圃をすべて貸しました。やはり二束の草鞋は難しかったです。でも、僕よりも上手な人がお米を作りますから、できたらひなたぼっこさんへ送りますね。
2011年05月21日(Sat) 21:26












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL