ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 備蓄米が・・・TOP備忘録 ≫ 備蓄米が・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

備蓄米が・・・

宮城、福島の米、1万トン廃棄=津波被害で、岩手では未確認
時事通信 5月21日(土)6時9分配信
 

「まだ食べられるのにもったいない」。
東日本大震災による津波で倉庫などに保管されていた米がぬれ、宮城、福島両県では約1万100トンの米を廃棄せざるを得なくなっている。
両県や農業協同組合によると、このうち約8700トンは宮城県の被害。福島県ではさらに、福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域に約5400トンの米が残されているという。
岩手県ではこうした被害は確認されていない。
 宮城県岩沼市にある名取岩沼農業協同組合(JA名取岩沼)の倉庫では震災以降、約105トンの米をひたすら廃棄用の袋に詰める作業が続いた。津波で保管中の米の大半がぬれて腐り、倉庫には何とも言えない臭気が充満する。
 精米さえすれば食べられる米も多いが、営農部米穀・農産物検査課の志小田健課長補佐(40)は「かびたものは要らないと言われるから」と言葉少な。
 農林水産省によると、岩手、宮城、福島の3県では計1万9500ヘクタールの水田が津波で流失・冠水した。このうち約65%に当たる1万2700ヘクタールは宮城分で、これまでに1100ヘクタールの水田で除塩作業が始まっている。 

*↑の記事は、ヤフーのサイトからお借りしました。

米どころが塩害で作付けが出来ないこの夏に↑の様な記事を読むと
米飯人間としては心配になって来る。

今さら休耕田をとやかく言っても、急に米が作れるはずが無くどうなるのだろうか。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。