ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 一日雨降りTOPつぶやき・・ ≫ 一日雨降り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

一日雨降り

2011_0906_170326-PT340005.jpg
朝から雨ばかり・・・

一日読書をして過ごす。

藤沢 周平著 「闇の口」  短編集である。
映画化された「水の辺り」が読みたくて探していたらこの短編集に収録されて
いたので・・・

今は薄れていく人情味溢れる物語に引き込まれ鬱陶しい雨の日も心穏やかに過ごせた。

同じく「日暮れ竹河岸」を読む。
最晩年の記念すべき名品集 19編と有るように面白く読んだ。

同じく「長塚 節」を読む。 長塚 節著「土」を再読する。

司馬 遼太郎著 「坂の上の雲」が中々読破出来ないでいるが文中に「漱石」「正岡 子規」
などが登場してくると道草をするからで良くない変な癖だと思う。

雨の日も又、楽しだ。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。