ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP母と私と娘 ≫ 悲しい朝が明けて

悲しい朝が明けて

2011_0921_074632-P9210016.jpg
人と諍いをすることを出来るだけ避けて生きるのも年寄りの知恵と
出来るだけ、目をつぶり生きているのに。

悲しい思いをするなんて・・・

思い切り大きな声で「ばかやろ~~」と叫びたい気持ちを抑えて
少しだけ豪華な朝ご飯を食べて主人に会いに行ってきます~

Comment

年甲斐もなく
編集
hulasさんさま
歳を取ったと自分でも思うことが多々有ります。
笑って済ませることが出来ずカチンと来てしまうことが
お嫁さんでしたら大変だろうと思いますが・・・

主人が居て愚痴を聞いてくれると助かるのですが。
42歳の時から独りで頑張って参りましたので、

僻みより悲しくなることの方が多く生きる辛さを身に
浸みて考えてしまうようになりました。

気をつけないと「老人性鬱病」になりそうです。
秋は嫌ですね~

我が子は平気で遊びに来てお茶をして帰りました。
独り相撲で何時も終わりです^^;

ご心配をお掛けいたしました<(_ _)>
2011年09月24日(Sat) 15:52
編集
まあ、お嬢様と何か?
ひなたぼっこさんでもそんなに思われることがおありですか
私はちょくちょくです・・(汗;

敬老の日プレゼントの旅なんて素敵ですねe-420
お嬢様御家族からでしょう?
母親おもいでうらやましい(*^_^*)
2011年09月23日(Fri) 23:05












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL