ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 雛飾る 余裕もなくて 月変わりTOP高尾の自然 ≫ 雛飾る 余裕もなくて 月変わり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

雛飾る 余裕もなくて 月変わり

2012_0229_121640-P2290020.jpg
助っ人、人が来て掻いてくれた雪が山のように積まれ朝日に輝いている。

朝ご飯を済ませて、道に放りだし溶かさなければならず・・・

雪の後の大仕事なのである。

昨日とは打って変わった暖かい日で、スコップを持つ手が冷たくないのは
助かるが、薄着で始めた仕事でも汗ばんでくる。

昨日の雪景色は美しく楽しませてくれたのだからと思うのだが、春の雪は
水を含んでいて重たく。

年々、雪の重さが身に浸みてくる。

今日から弥生三月であるが、春は未だ遠い所にいるようだ。


*降る雪を 眺めた後の 身の辛さ

*砂糖なら 目覚めたときは 無き雪よ

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。