ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP備忘録 ≫ 旧家と提灯と番傘

旧家と提灯と番傘

IMG_3713.jpeg
 今日も雨の一日になりそうだ。パソを開くと一度元気な内にお目に掛かれたらと
思う方から素敵な写真が送られて来ていた。新潟の旧家にお住まいの妹さんを
思い描いて居る内に母の実家で過ごした日々が思い出された。


広い土間を這入ると、土間の長押には家紋を入れた白い箱が並び、その下には
来客用の番傘が何本も吊されていた。

子供心に白い箱の中身が何で有るのか知るよしもなく不思議な存在だったが。

祖母が亡くなったときにその謎が解けたのだった。

先祖が箕輪城主に仕えた旧家だった母の郷には、子供には興味のある物が沢山
あった。

祖母の葬儀の夜に白い箱が開けられ、門に高張り提灯が掛けられ、弔問客が帰る
時には、幾く張りかの提灯がお供をして行ったのだ。
白い箱の中には家紋が這入った提灯が這入っていたのだった。

来客が有り雨が降り出せば帰りには、屋号が大きく書かれた番傘がお供をし、古風な
習慣は、叔父の代まで続いていたようだ。

戦後の物不足の時に、番傘は少しずつ無くなっていった。

雨の日が嫌だったのは、番傘の重みと大きさと近道が出来ないことで。
至る所に桑畑が有り大きく枝を伸ばした桑の枝は堅く、少し道を避けると番傘が破れ
家に帰り怒られるので嫌いだったが、今にして思えば懐かしい思い出である。

ランプのほや磨きも、手の小さい子供の仕事で此も嫌いだった。
着物を汚さないようにランプを拭くのは大変だったしガラスが割れる恐怖が何時も
付きまとっていたから。

番傘は嫌いでも母が戦後も大切にしていた蛇の目傘は大好きだった。

蛇の目傘を開くと細く綺麗に削られた竹の骨が色取り取りの美しい糸で編み上げられて
居る様は見事な細工で忘れられない。

雨の日に中歯に爪革を付けて蛇の目傘を七分に差した姿は子供心にも綺麗に見えたものだ。
「夜目・遠目・傘の内」と言われる由縁だろうか。

未だに大切に一本の蛇の目を持っているが差す機会に恵まれないで居る。

戦中派で疎開子でなかったらこんな経験は出来なかったと思うと懐かしさと有り難さとが
背中合わせで思い出される雨の降る寒い日も良いのかも知れない。

Comment

おはようございます
編集
nmzkさま
今朝、パソを開きましたら、グーグルからのお誘いが
這入っておりました^^

呼び寄せ老人として当地に身を寄せての生活で、寄る年波となり、
老人クラブに入れて頂いたのですが。

良いような、悪いような、身辺が慌ただしくなり、落ち着いてブログも
書けない日が多々あります。

八労連がHPなるものを立ち上げましたので、その委員を任せられ、
読む人もない記事を時々更新しております。

地域で老いる事の難しさを感じて居る今日この頃です。

地方財政が苦しい現状に有るが故に老人会を維持して行くためには
活動報告を何らかの形で認めて貰うしかないようですが、地理に疎いが
故に苦労が絶えません・・・

HP委員会が軌道に乗り落ち着きましたら、又楽しい
ブログ生活に戻れると思っております。

懐かしい時代の記事を時々書いて参りますので宜しく
お願いいたします。
2012年03月07日(Wed) 10:38
お早うございます(^O^)/
編集
最近グーグルが、Google+(グーグルプラス)という「SNS」(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を始めましたので試してみましたが、その記事が送られたようですv-8
新しい機能は覚えるのが大変ですv-292

私もふとしたきっかけで過去の記憶が蘇ることが有ります。
ドブログ時代の記事も時々読み直すと懐かしいですねv-290
そうそう、桃源さんも元気にブログやフェイスブック(SNSです)に記事を書いていますe-343

「備忘録」として 書かれる子供時代の記事を楽しみにしております。
2012年03月06日(Tue) 12:45
雨の日に・・・
編集
hulaさんさま
何時もコメントをありがとうございます。

母の祖父の時代に没落した旧家だそうですが、
私の祖母が、手仕事をしながら思い出話をしてくれました。

TVも無く、俗世に汚され無いよき時代に子供としての
大切な時間を過ごせた事は、私の宝です。

時々書いて参ります「備忘録」として

ストール明日には仕上げたいのですが・・・段々大きくなるので捗りません。
一週間かかっています^^;
2012年03月06日(Tue) 11:38
編集
素敵なお話しをありがとうございます
ひなたぼっこさんのお母様もやはり旧家のお出なのですね
白い箱から出された提灯を手に手に、お客様が帰って行かれる光景を思い描きました。

友人に頂いた蛇の目傘がありますが一度も使った事がありません。
お部屋のオブジェとして少しの間飾ったことくらいで・・・

ただ、私が小学校の時、学校の置傘として学校の名前が大きく入った番傘?がありまして、何度か使かったことがありました
重かったです。でも雨粒の音が小気味良かった記憶があります。
破らないように気をつけて帰り、乾かして翌日戻します。
傘は破れやすく、ランプは割れやすい・・そうした時代は今よりもっと物を大切に使う心が自然に育ったのでしょうね。


↓大きなストールを編んでいらっしゃるのですね
厚いコートを脱ぎ、春色のストールを羽織ってお出かけの日も間近ですね(*^_^*)
2012年03月06日(Tue) 08:22












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL