ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPつぶやき・・ ≫ 貴重品として

貴重品として

2012_0316_113820-P3160005.jpg
水仙が大好きで、畑にする前は水仙を沢山植えていた小さな畑が
いつの間にか野菜畑となりお花が消えた。

移ろい行く季節の歩みが遅く侭ならず、花のない庭がみすぼらしく
寒々としている。

休日の谷間の日で眼科に確認を取って出掛けていく。

異常はなくホットし花粉症のお薬を貰って帰る。

北風の冷たい日で、コートを着て出たが帰りはコートを脱いで軽やかな
足取りで帰ることが出来た。

歩かなくなって久しく、歩かなければと思いながらも中々家から出ることが
出来ず。

いざという時に自分の足で自分の身を守ることが出来るようにしておかないと、
と・思っているのだが。

風が止んで庭に降りてみると家の西側に植えた水仙の球根が芽吹き始めていた。

こぼれ種の大根が大きくなって日陰になっているので、抜いてみると・・・
見事な?大根で夕食のみそ汁の具にすることに、大根一本259円の昨今では
小さくても緑の葉をつけた新鮮な大根は貴重品である。

少しでも土と共存できる生活のなんと素晴らしい事かと思う時・・・被災地の
農家の方々の悲鳴が聞こえたような気がする。

原発は本当に必要なのだろうか。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL