ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 自在鉤からシリコンまでTOP備忘録 ≫ 自在鉤からシリコンまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

自在鉤からシリコンまで

2012_0321_074254-P3210016.jpg
いま話題のシリコンのお鍋を買ってしまいました。

ふにゃふにゃで一見頼りなさそうに見えるのですが、
オーブンにもレンジにも対応するというので一つあったら
便利だろうと好奇心も手伝って。

何かに熱中していると気が付いた時には夕食の支度が
面倒になっている自分がいて簡単に済ませて終う事となり
挙げ句の果ては体調を崩すきっかけとなる事を反省し
イオンの特売日で色々なサービスが重なって安く求められ
ラッキーでした。

ガスレンジと電子レンジとオーブンと昔と比べたら何と贅沢で
恵まれたお台所生活になり主婦は、友稼ぎが増えたとはいえ手早く
調理が出来る現在は、本当に良い時代だと思うのです。

家事を済ませ、一日田仕事に追われ夕餉の支度にほんの少し、おとこしさんより
早く家路に着いたとしても。

風呂を炊き、囲炉裏に火を起こし竈に釜を仕掛け、とみな手を掛け眼配りを
しないと夕食の準備は愚かご飯も炊けない時代を見てきました。

田舎だけの生活ではなく、都会の生活でも自在鉤こそ無い物の文化竈と七輪の生活で、
竈から炊き落としを取り七輪に炭を起こし、みそ汁やお総菜を作っていた時代は、
子供も良くした物で自然と手伝いながら家事が身に付いていったのでした。

居ながらにして自由に手を伸ばせばお鍋が上がり下がりする自在鉤は優れものでした。
鉄で出来た鯉などが見事に跳ね上がっている飾りの付いた物は黒光りがしていてとても
見事な物でした。

粗末な食事でも自在鉤の跳ね上がる黒光りの鯛のお陰で美味しく見えた不思議な
光景がそこにはありました。
早く大人になって自由に自在鉤を操って見たいものだと心密かに思っていたものです。

囲炉裏には何でもくべることが出来、塵は自然と燃料として肥料へと変身し自然に土へと
戻っていた物です。

今のような贅沢な暮らしが何時まで続くか解りませんが、何もない不便な時代を
生き抜いてきた強みで生き残れそうな気がしております。

*自在鉤のサイトはこちら

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。