ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPおんなの目 ≫ 踊りては 初着のように 浴衣着る

踊りては 初着のように 浴衣着る

2012_0803_182936-P8030007.jpg
*朝まだき 風の足あと 秋たちぬ

近くにあるお地蔵様のお祭りで浴衣を着て盆踊りに参加して欲しいと
町会から頼まれ緊急会報が届き女性部の役員さんは大忙しだ。

縫うことは好きで何枚か仕立てたが、最近の暑さでは浴衣を着る気も
起きず、箪笥から出し広げてみる。

母は明治の人で一年中和服で通した人で真夏でも浴衣に帯付きであった。
今よりは気温は低かっただろうと思うが汗疹一つ作らず涼しそうに着ていた。

辛抱が良いのか着物が好きなのかは知らないが、80歳を過ぎ私が洋服を
仕立ててあげると喜んで着てくれたが、洋服の下に色々と着込んで暑そうだったが
冷房で冷えるのが嫌だったのだろうと思う。

どうか当日は涼しい夜風が吹いて欲しいと願っている。

明日から数日は特訓が始まるようだが・・・

Comment

日本人の
編集
着物は身につけて終えば思いの外涼しく着られる物なのですが・・・

今の時代女性が臆面もなくハダを露わに出し平気ですから。

全身を覆い隠す着物が暑苦しく見えるのでしょうね。


お土産は1/1000の大きさです。
2012年08月11日(Sat) 10:21
編集
ひなたぼっこさん、こんばんわー。そろそろお祭りの時期ですね。浴衣や着物は熱そうに思えるのですが、そうではないのかもと、ひなたぼっこさんの記事を読んで思ったところでした。

スカイツリー♪お話には聞きましたが、こんなに大きな(高い?)お土産だったとは!面白いですねー。
2012年08月10日(Fri) 20:56












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL