ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP読書 ≫ 今年の夏は

今年の夏は

s-2012_0805_132928-IMG_0309.jpg
終戦記念日を前に、それ以前の日本の歩んできた道を知りたく
読み始めたが。

明治維新後を引きずった侭で日清戦争へと突入し、大きなうねりの
中で変化し、日露戦争へと留まるところを知らず。

二次大戦へと時代は進み戦争の愚かさを知る。

トルストイの「戦争と平和」を読み上げた時と違う思いが残ったのは
他国の出来事と我が身が受けた人事的災難との違いかも知れない。

意味も分からず他人事の様に口ずさんでいた軍歌の地名や出来事を
この歳にして知るとは思わなかった。

すいしえいが「水師営」と知る。

乃木さんが長州藩の人で日ロ戦争では優れた統率者で有ったが
戦略家ではなく多くの兵隊を失ったこと。

優れた軍人として歌に歌われ教育を受けた身にはショックだった。

それ故に本を読むことの大切さを知るのだった。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL