ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 間借り生活TOP夏模様 ≫ 間借り生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

間借り生活

2012_0902_095523-P9020005.jpg
ざぁーと降っては日が射す天気が昨日から続いている。

雨戸を開けたり閉めたりが仕事のような空模様に今日は下だけ
雨戸を開け二階はそのままに・・・

陽が射した一瞬を逃さずに倒れたピーマンに添え木をし起こしてやる。

胡瓜が二本大きくなっているのを見つけたが、一本しか見つからず。

こぼれ種のアパッチが胡瓜の棚で可愛らしく間借り生活を楽しんでいる。

戦後は何処の家にも間借り人がいて何でも分け合い生活していた時代が合ったけれど。

2012_0902_095550-P9020006.jpg
パソを開き、何気なく眼にした記事に唖然とする。「ははが重い、しんどい」とは。
今ベストセラーになりつつ有るとは。

貴女が今、この裕福な時代を生きて要られるのも母がいたからでしょうに。

2012_0902_095711-P9020009.jpg
生まれて直ぐは、3時間毎にお乳を上げ、お襁褓を変え、無償の愛で育てたのです。

独りで何でも出来る歳になって「母が重く、墓守りがしんどい」とは。

庭の野菜でさへ、暑い中をお水をやり育てれば美味しい実を結んで楽しませて
呉れると言うのに。

2012_0902_095840-P9020011.jpg
親は、なんの期待もしてません。日々無事に過ごし家庭生活が無事であれば
それだけで安心し、満足しているのです。

2012_0902_100323-P9020014.jpg
この様な本が書かれる時代が来ようとは夢にも思っていませんでした。

「君に忠親に考」で育てられた古い人間が戦後を堪え忍び今の豊かな
時代があることを忘れないで下さい。

Comment

体調が優れずに
編集
karasuさま
何時までも暑い日が続き、夏ばて気味です。

ブログを書く気も起こらず困りました。

何の気なしにヤフーで眼に入り唖然と致しました。
コミック本のようですが・・・

売れれば何を書いても良いにしては、酷すぎますよね。
それとも、私の僻みでしょうか?
2012年09月11日(Tue) 11:24
編集
ひなたぼっこさん、こんばんわ。ようやく涼しくなって気ました。鈴虫も鳴きはじめています。

そのような本が出ていたとは。時代?親子の温度差?どちらにしても、うーん。とため息が出ます。

もしも、その作者の子供が、同じような本を書いたら、どんな気持ちになるのでしょうね。
2012年09月07日(Fri) 22:14












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。