ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ お花見・・・心源院TOPお散歩 ≫ お花見・・・心源院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お花見・・・心源院


家から歩いて20分ほどの所に「信源院」と言うお寺さんが在ります。

その昔、甲斐の国から信玄公のお姫様「松姫様」が難を逃れ逃げ込んで
来た。北条家の出城で一度行って見たいと思いながら道が解らずお参りが
出来ないで居りました。

地元の友人がお花見に連れて行ってくれました。
2014_0410_142020-P4100029_20140417170025559.jpg
広い境内に見事なしだれ桜があり「浄福寺」の桜と比べても見劣りは
しないようです。午後の日差しを浴びて惟づむ鐘楼。
2014_0410_142440-P4100033.jpg
家路に着く参道で和尚様にお目にかかる事が出来、松姫さまのお話を
伺うことが出来た素晴らしいお花見でした。再来年に、松姫様没後400年祭が
信松院に於いて執り行われるとご住職が話しておられました。

*松姫さまについて・・・
1590年(天正18年)に信松尼(松姫)が心源院より八王子御所水(現・八王子市台町)
の草庵に移転したのが創建とされる。

松姫は1567年(永禄10年)、7歳のとき,織田信長嫡男の信忠11歳と婚約したが,
1573年(元亀3年)、両家は交戦状態(三方ヶ原の戦い)となり、婚約も破棄された。

信玄の没後、1582年(天正10年)に織田勢による甲州征伐が開始されると、松姫は逃避行の末、
武州多摩郡恩方にたどり着く。

武田家は天目山の戦いで滅亡し、その後、本能寺の変で信忠が亡くなるという悲報が続き、
松姫は心源院に移り出家した。

1945年(昭和20年)の八王子空襲では、焼失は逃れたものの、松姫が植えたとされている松が枯れた。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。