ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 思い出ブログ  「ワイングラス」TOP創作 ≫ 思い出ブログ  「ワイングラス」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

思い出ブログ  「ワイングラス」

TS329938_20160514001229880.jpg
昨年の夏の終わりに引いた風邪がもとで体調が崩れ
10月末の入院では「感染症」の菌が心臓に這入ったら
今頃は三途の川を渡り長閑な花畑の中をそぞろ歩いて
居たかもしれない。

母から受け継いだ丈夫なDNAのお陰なのか医療の進歩なのか
幸い無事に退院が出来て3ヶ月程大量に使った薬の副作用で
苦しんだだけで一命を取り留めることは出来たのだが。

こちらの体調が回復するのを待って居たかのようにインフルエンザが
流行り始め病気上がりでは自由な外出もままならず月日の流れに
ただ身を任せているしかなかった。

病後で自由に動けないこともあったが、未曾有の不景気ではと
思う心も働いたことも事実であった。
TS329939_20160514001241f5b.jpg

そして、その日は黙って過ぎていったのだ。
若くはないとは云え一年一度くらい胸がときめく日があっても
いいじゃないのと壁に向かってつぶやく夜だった。

お稽古から帰りポストから覗いている猫のマークの付いた
伝表を手にして自然とほころぶ顔はまるで少女のようだ。
TS329940_20160514001253173.jpg
誰も見ていないから安心して自分をさらけ出していられる一人暮らしも
悪くは無いと伝表を手にして家に這入ると活けて来た花にお水もやらないで
電話機に飛びつく。

「あ」「うん」の呼吸が通じる歳の喜びは若い人にはない世界だろうと
一人心の中でつぶやいてみる。

3月13日の金曜日だ。

#今年も落ち着かない日々を過ごしておりチョコレートを贈ることが
出来ませんでしたが、齢八十歳になりましても秘めた気持ちには変わりはないのです。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。