ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 英雄色を好む・・・TOP読書 ≫ 英雄色を好む・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

英雄色を好む・・・

2016_0519_133434-P5190326.jpg
 石原 慎太郎著 「天才」を読みました。

女は政治に弱く難しかったらどうしょうかと思いながら本を開きますと
まずは活字が大きいのでビックリしました。

考えて見れば今様時代小説のような戦中派で「後期高齢者」でなければ
思い出すことも出来ない政治家が沢山出てきますから。

私などは懐かしくて3時間ほどで読み切ってしまいました。

田中総理が中国国交正常化を果たした時のTV中継の様子など思いだし
懐かしさも手伝って読書は、捗りました。

学生時代叔母の家が、牛込払方町にあり一時下宿をしておりましたお隣に
田中総理の妹さんご夫婦が住んでおりまして新潟から贈られてくる珍しい
物をご馳走になった事も懐かしく。

書生さんの様な方がなにやら印刷していらした様子でしたが定かな事は
判らないしもた屋であってしもた屋らしからぬ一種独特な雰囲気のある
ただ住まいの家でした。

私が十八、九の頃は神楽坂は昼間は長閑なただ住まいでお三味線の音が
何処からか聞こえて来る静かな路地でした。

一冊の本を読んで人の一生は本当に「あざなえるなわのごとし」なのだと
思い知らされました。

第一次オイルショクも、関越道の開通も、新潟の道路が整備されているのも
中曽根さんが初めて選挙に出たときは暑い夏の盛りで田圃で田植えをしている
娘さんに僕は独身ですと言って票を集めたと囁かれるほどのイケメンで・・・

ロッキード事件ではTVが朝から夜まで賑やかでしたが事の真相が分からぬ侭で
田中さんは倒れられ・・・素顔はキッと何処にでもいそうな叔父さんだったのだろうと
思いました。

「海賊と呼ばれた男」を読んでおいて良かったと思いましたし本当に国民の事を
考えて働いて呉れた人だったと頭が下がる思いです。

神楽坂の方の良き隣人だった方は、払方町で暮らしていた妹さんかも知れません。

田中 京著「絆ー父・田中角栄の熱い手」を読みたくて探しましたが、驚くお値段で
買うことが出来ませんでした。

「京」と言う名前を付けられた父の気持ちが痛いほど良く判ったような気がします。

親父は「億」止まりで終わったがお前はその上の「京」を目指せだったのでしょうか。

奇しくもお亡くなりに成られて23年が経つのでしょうか・・・合掌

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。