ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 活けた花造花にかわる辱暑かなTOP短歌・俳句 ≫ 活けた花造花にかわる辱暑かな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

活けた花造花にかわる辱暑かな

2005_0108_120206-ひまわりL
 *遠雷と四つに組みたり俵わる

我が家は窓の多い家で風通しが良くあまり冷房を必要とせずに
夏を過ごすことが出来るのですが、昨日のようにアット言う間に
豪雨に見舞われますと雨戸を立てるのが間に合いません。

*遠雷に年老いたこと教えられ

*驟雨きて胸の閊えを洗らいけり

*跳ね返る驟雨の身丈ひざこぞう

*ベランダの屋根突き刺すや豪雨かな

*湯気立てる山より熱き南風(はえ)くだる

夕立が来そうなときは早め早めに戸を立てるのですが・・・チョッとの
油断が大慌てとなり、後始末が大変でした。

*梅雨盛りクシャミで起きる朝六時

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。