FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP短歌・俳句 ≫ 夕陽・・・

夕陽・・・

20070207144002.jpg
薄化粧するかのように身を写し明日に繋げる夕陽美し

水鏡ガラス鏡と欲張りて黄昏れて行く夕陽はかなく

唯ひとつその存在の大きくて吾に与えし希望となりて

夕闇を畏るるなきか輝きて尚赤々と沈む夕陽よ

海山に今日のよきひを言い残し今落ちんとす赤き夕陽が

朧なる月に送られ消えゆかん今日の仕事を仕舞うが如く

朧気に三分残して去りゆくか明日の命の分からぬものを

凪の海寄せて返して見送れば月は朧に夕陽去りゆく

薄暮成る空港広く黄昏れて後に残りし茜ひと刷毛

今日明日と続く命を営みて黄昏れて行く空の青さよ







Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL