ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ karasuさんとドブログ句会・・・TOP短歌・俳句 ≫ karasuさんとドブログ句会・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

karasuさんとドブログ句会・・・

TS329873.jpg

karasuさんが纏めて下さった22日の句会の俳句
です。

*karasu(以下k)、ひなたぼっこ(以下h) 
シャドウさん(以下s)、syasinyaさん(以下sya)
ascさん(以下a)です。


k 秋風が 金の稲穂を 撫でて行く

h 秋風が実る田撫でて吹き抜ける

h 吹き抜ける田の道急ぐ秋の風

h 黄金の穂風に揺られて秋夕陽

k 秋夕陽 蜻蛉も子供も 紅に

h 紅に蜻蛉追う児の影長し

k 影長し 背高のっぽの 君と僕

h 君と僕運動会のヒロインだ

k ヒロインだ 鼓動高まる 文化祭

s ヒロインは キミ以外には いないんだ

h 文化祭あの児に好きと云えなくて

k 云えなくて 恋文机に 忍ばせる

h 忍ばせる今宵の君に月の文




20060723173950.jpg
k 月の文 虫の音聞きて 書き連ね

s 月の文 遠い国から やってきた

h やってきた月の兎や芒の穂

s ススキの穂 風と一緒に 踊ってる

k 踊ってる 黒髪風に 靡(なび)かせて

h 靡かせてひらりと舞った女郎花

k 女郎花 手折りて君の かんざしに

h 簪に飾ってみたいな萩の花

k 萩の花 内気な僕に 微笑んで

a 微笑んで 見上げた先に 秋の月

h 秋の月山に隠れて暗き道

s 暗き道 明かりはないけど 道はある

a 道はある 努力を重ねた その先に

s その先に 待っているのは キミだよね

h その先に秋海棠の曲がり角

k 曲がり角 君の手握り 歩き出す

a 歩き出す 秋の夜長に 千鳥足

sya 千鳥足 昨夜の私は ご機嫌さん

s 千鳥足 フラフラ踊る 楽しそう

sya 千鳥足 花を持たせる 温かさ

k ご機嫌さん 火照る身秋風 撫でてゆく

h 楽しそう散る萩踏んで千鳥足

sya なでていく すさんだ心を 優しさで

h 優しさで救われている月の夜

sya 優しさで 今日を閉じます ありがとう


【 おまけ 】 退室前に、詠んでもらった句です。

a ありがとう 今宵の爽やか 句の会 ^^

k おやすみと みんなに伝えて 落ちる僕。

s 落ちる僕 瞳はずっと キミを追う


今回はとてもたくさん句を詠んでもらえました。明日は2日目の句を掲載したいと思います。

[ 更新日時:2007/09/24]

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。