ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP短歌・俳句 ≫ 香り立つ紅梅やさし昼下がり

香り立つ紅梅やさし昼下がり

TS329916.jpg
この所の天候は一足早い菜種梅雨を思わせる空模様だ。
遠方から見えたお客様とイタリアンのお店で総勢8人の昼食
さりげない主の持てなしに満足して外に出てみれば見事な
枝垂れ梅が心地良い香りを運ん二重の持てなしだった。

*枝垂れ梅芳しき香で出迎える

TS329920.jpg
綺麗に拭き込まれたフローリングの床・何気なく飾られた内裏びなが
弥生三月を無言で語るイタリアンにして和のインテリヤが無理なく調和した
センスの良さが心憎いまでも良くマッチしている。

*昼下がりふっくら咲いてる八重の梅

TS329918.jpg
ダウンライトの柔らかな照明に癒やされ時間が過ぎて行く春のランチタイム
帯の上にさりげなく置かれた和食器が揚羽蝶と一体化してお見事・・・
お手水の香炉には日本茶が焚かれて仄かな香りが心地良く日本人で好かった
と思わせる・・・お店はこちらです。

*遠来の客持てなして香る梅

*薄衣(うすごろも)十二単に身を包み
         春近きこと梅はかたらふ

Comment

編集
こんにちは~
わくわくさんがお知らせ下さいました。

居所が判りホットしております。

引っ越し騒動でパソが重くなって来ました。仕方なく古いノーパソを出して参りました。落ち着きましたらお伺い致します。

今後とも宜しくお願い致します<(_ _)>
2009年03月03日(Tue) 11:43
こんにちは、お久しぶりです
編集
ご訪問ありがとうございました。
ドブが直らないかとしばらく様子を見ていたのですが・・・あきらめて引っ越しました。
まだ「仮」のつもりでしたので、お知らせが遅くなり申し訳ありませんでした。

早三月ですね。
これからも、よろしくお願いいたします。
2009年03月02日(Mon) 22:10












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL