FC2ブログ

ひなたぼっこの縁側日記

日々のことをつれづれなるままに書いて行きたいと思います。
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ お散歩
CATEGORY ≫ お散歩

ピンクも鮮やかに

2014_0410_140522-P4100013.jpg
垣根一面に咲き誇る三つ葉つつじ
2014_0410_140557-P4100015.jpg
なんと鮮やかなピンク色でしょう!!
2014_0410_140541-P4100014.jpg
私も写してと八重のヤマブキが、太田道灌を思い出させた一枚です。

お花見・・・勝るとも劣らじ

2014_0411_141830-P4110056.jpg
銘木ではないけれども、見事な咲き姿で、しだれ桜の下では
ご近所さんが集まり宴の集いが開かれておりました。
2014_0411_141758-P4110054.jpg
中に潜らせて頂いて・・・
2014_0411_141748-P4110053.jpg
お花を綺麗に撮りたくて一眼レフが欲しかった私ですが。
2014_0411_141724-P4110052.jpg
此だけに写せればと・・・マクロで撮ってみました。

枝垂れざくら・・・銘木百選

2014_0411_144726-P4110059.jpg
ベランダ工事で遅れたお花見ですが、遅い春に助けられどうにかセーフ。
2014_0411_144741-P4110060.jpg
しだれ桜銘木百選の一本は、誇り高く咲いておりました。
2014_0411_145536-P4110065.jpg
このお寺も八王子城の出城の一つです。
2014_0411_145403-P4110064.jpg
千社札が張られた鐘楼。大晦日に良く聞こえる鐘の音は?
2014_0411_145034-P4110063.jpg
サイトを調べると面白いかもしれません。
2014_0411_144956-P4110062.jpg
お寺の町下恩方のさくら便りです。

お花見・・・川沿いを行く

2014_0410_150015-P4100036.jpg
樹齢が解らないほどの大木の桜が満開でした。
2014_0410_150515-P4100041.jpg
陣馬街道を横切り川沿いの見事な桜を眺め、今年の春は諦めていた
お花見が出来たことに感謝して。
2014_0410_151134-P4100046.jpg
恩方公園のさくらが見事でした・・・明日は「浄福寺」へ。

お花見・・・心源院


家から歩いて20分ほどの所に「信源院」と言うお寺さんが在ります。

その昔、甲斐の国から信玄公のお姫様「松姫様」が難を逃れ逃げ込んで
来た。北条家の出城で一度行って見たいと思いながら道が解らずお参りが
出来ないで居りました。

地元の友人がお花見に連れて行ってくれました。
2014_0410_142020-P4100029_20140417170025559.jpg
広い境内に見事なしだれ桜があり「浄福寺」の桜と比べても見劣りは
しないようです。午後の日差しを浴びて惟づむ鐘楼。
2014_0410_142440-P4100033.jpg
家路に着く参道で和尚様にお目にかかる事が出来、松姫さまのお話を
伺うことが出来た素晴らしいお花見でした。再来年に、松姫様没後400年祭が
信松院に於いて執り行われるとご住職が話しておられました。

*松姫さまについて・・・
1590年(天正18年)に信松尼(松姫)が心源院より八王子御所水(現・八王子市台町)
の草庵に移転したのが創建とされる。

松姫は1567年(永禄10年)、7歳のとき,織田信長嫡男の信忠11歳と婚約したが,
1573年(元亀3年)、両家は交戦状態(三方ヶ原の戦い)となり、婚約も破棄された。

信玄の没後、1582年(天正10年)に織田勢による甲州征伐が開始されると、松姫は逃避行の末、
武州多摩郡恩方にたどり着く。

武田家は天目山の戦いで滅亡し、その後、本能寺の変で信忠が亡くなるという悲報が続き、
松姫は心源院に移り出家した。

1945年(昭和20年)の八王子空襲では、焼失は逃れたものの、松姫が植えたとされている松が枯れた。